この記事をシェアする

予算を決めた税理士選び

税理士の仕事

様々な税理士がいますが、どんなことをモットーとしていても自分の会社にとって必要のない作業をしていると思った場合は、その作業を削ることで税理士費用を減らすことができます。

税理士はどんな仕事をしているのでしょうか。
定期的に行う業務としては、訪問や打ち合わせです。
毎月、3か月に一度、半年に一度などから選べ、頻度によって報酬額が変わります。
税理士が会社や事務所に行き、前月分までの試算表をもとにして、会社の状態が良好かをチェックします。

節税対策や融資に関してアドバイスすることもあります。
1回の訪問で5千円から1万円が相場となります。
記帳代行をお願いすることもできます。

毎日の記帳を税理士に依頼します。定期的に伝票や領収書などの資料を渡す必要があります。
これも月に5千円から1万円が相場です。

給与の計算、確定申告、年末調整

給与計算を依頼することもできます。
毎月の勤怠データを給与の締日の後、提出します。
給与明細を作成してもらい、場合によっては郵送まで行ってもらえます。
従業員数によって報酬額が決まり、だいたい1人につき1,000円ほどです。

年に一度行う業務としては、決算申告や確定申告があり、中でも代表的な業務は、決算申告です。
年度末で絞めた会計データや決算書をもとにして税額を計算することで、税務申告書を作成します。
税理士に申告業務を依頼するのは、法人税の申告書が所得税に比べて難しいということや税務申告ソフトが高額になることからです。
月額顧問料の4か月から6か月分が必要になります。

年末調整の業務も年に一度行います。
税理士に依頼することも多いですが、書類の確認や年末調整の対象となる従業員の算定や税額の計算を税理士が請負うことが多いです。
従業員10人まで基本料金2万円程度で、1人プラスごとに1000円追加となります。