この記事をシェアする

顧問料相場の目安

消費税申告と適正な報酬

税理士は消費税の申告も行います。
消費税は、法人も個人事業主も頭を悩ませることが多いようです。
初めて課税事業者になったときは、税理士に聞かなければわからないことも多々。
一般的な納付期限は、課税事業者であり法人は課税期間翌日から2か月以内になります。
個人事業主は、3月31日となります。
報酬額は決算申告の費用に含まれていることがほとんどです。

税理士に仕事を依頼するときに支払う料金のことを税理士報酬といいます。
月額顧問料や決算料など、年間数十万円かかることもあります。
日々の売上から支払う大切なお金であることから、相場をあらかじめおさえておきましょう。

その上で、適正な税理士報酬を見極めることができます。

税理士報酬を安くする方法

ここまで税理士の主な業務をみながらその仕事に対する顧問料の相場をみてきました。
自分の会社や事務所に合った税理士報酬の相場もなんとなくわかってきたでしょうか?
でも、相場を知っただけでは料金は安くならないのが現実です。

税理士報酬を安くするためにはどうしたら良いのでしょうか?
それは面倒でも、多くの税理士に見積もりを取ることです。
その上で相談することも大切です。

自分に必要な業務だけに絞ってもらうことはできないか、もう少し費用を安くしてもらえないかを交渉することです。
こういった作業を自分だけでするというのは慣れるまでは難しく、不安もあるものです。
そんなときには、代行会社に依頼をするのも手です。
無料で税理士に見積りを取ってくれ、費用の交渉をしてくれます。